社会福祉法に基づき、認知症、知的しょうがい、精神
しょうがいがある方で、日常生活に困っている方に
福祉サービスの利用や日常的金銭管理のお手伝いを
します。

どんな人が利用できますか?

認知症、知的しょうがい、精神しょうがいがある方などで、判断能力が不十分なため日常生活でお困りの方。

福祉サービスを利用したいが自分一人で決めたり、複雑な
  手続きをすること   が難しい…。
・銀行に行って生活費の引き出しや、支払いなどが一人では
  難しい…。
・通帳や印鑑などどこに置いたか思い出すのが、難しい…。

どんな援助をしてくれますか?

1. 福祉サービスの利用援助
    福祉サービスについての情報提供や助言、手続きのお手伝い、
    利用料金の支払いのお手伝いなど

2. 日常的金銭管理
    1に関連する日常的金銭管理。
    年金の受取、医療費、税金、保険料などの支払い、預金・貯金の
    出し入れのお手伝いなど

3. 書類等預かりサービス
    日常的金銭管理で使用する預貯金通帳、銀行印、
    それ以外の書類(権利書、年金証書、契約書類、実印など)

どうすれば利用できますか?

相談受付窓口はお住まいの市町村社協になります。まずは、那珂川町社協にお気軽にご相談ください。
※プライバシーに配慮し、相談内容の秘密は守ります。

費用はかかりますか?

相談は無料です。しかし、利用料は必要です。
※下記までご相談ください。

ページ先頭へ↑